こっとまーくあいてぃー

ITとかゲームとか野球の話。競馬は別ブログあるよ。

今年ことまがかったげーむ2021

こんばんは、ことまです。

年の瀬なので今年もやります買ったゲーム感想戦
何本買ってんねんってのは置いといてまぁご覧ください。
ゲーム内容はリンク先見てもらった方がわかりいいと思うので個人の感想の羅列です。  

読むのが面倒な人向けの買うべきゲーム

ことしはEastwardとキムが如く2がオススメです。次点でメタリックチャイルド。

Switch編

Darkest Dungeon

store-jp.nintendo.com 評価:★★
感想:なんか評判良かったから干し芋に入れててセールだったから買ったダークファンタジー系の探索ゲーム。爽快感がなくて作業感すごいのですぐ飽きてしまった。

LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:上と同じでせーるだったからかったんだけど買ってやってない。

デモングハンター

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:これも上と同じでせーるだったからかったんだけど買ってやってない。

モンスターハンターライズ

store-jp.nintendo.com

評価:★★★★
感想:ごく普通のモンハン、評判は悪いけど普通に面白い。ハード的に初心者に寄せた作りになってて全体的にモンスターが弱いのはまあしょうがないんだけど上級者勢は退屈だったかもしれないぐらいの感じ。旧作より動きが大きくなってマップが狭く感じるようになって今までより快適になったのも簡単に感じた要因としてはあるよね。来年G級出るみたいだしまぁ普通に買うよね。

A Short Hike

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:ななさんがやってたのみてそのまま買ったやつ。数時間で終わる価格通りってかんじでボリューム不足感。

泥棒シミュレーター

store-jp.nintendo.com

評価:★
感想:ゲーム自体も体験がイマイチと言うか微妙なんだけどSwitchでやるゲームじゃなかった感想。

Cozy Grove

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:いわゆる闇のあつ森。全然やってないしこの手のゲーム向いてないんだなって実感した。

Celeste

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:安かったから買っただけでやってない。名作らしい。

HADES

store-jp.nintendo.com

評価:★★★★
感想:ローグライクのアクションゲーム。魔王の子供かなんかが家でしたがって連れ戻されるゲーム。クォータービューのアクションで難易度そこそこ高めの気持ちいいタイプのゲーム。いろいろ賞取ってたけど普通に面白い。おれは火山ステみたいなところが画面赤くて目が痛くなったのでやめてしまった。

Cris Tales

store-jp.nintendo.com

評価:★
感想:欧州製のゲーム。なんでも開発がクロノトリガーに触発されたとかでJRPGの良さを取り込んでるっていう話でそれなりの期待感でリリースされてきたゲーム。ただ、蓋を開けるととてもじゃないけど遊べる品質じゃないレベルのロードの長さに微妙にテンポが悪い進行が合わさってもういいかなって感じになるゲームだった。画面が3分割されて未来が見えたりする発想は面白かったんだけど如何せん完成度が低かったのでオススメできない。千円切ってればアリぐらいの感じ。

戦場のフーガ

store-jp.nintendo.com

評価:★★★
感想:ジャンル的にはRPGって書いてあるけど実際はそんなことなくてマップを自分で選択して進んでいくタイプの戦略ゲーみたいな感じ。戦闘システムはFF10と13のハイブリッドっていう感じでターン製アクティブタイムバトル、最近こーゆー戦闘システムのゲーム多いね。シナリオが人を選びそうだけどゲームとしては普通に面白いので戦略性あるバトルゲー好きな人にはそこそこオススメ。

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:60%OFFかなんかで買ったいわゆるドラクエ無双。敵が弱くてマップが狭いので1戦がすぐ終わる分だるさが勝ってしまうデザインだったんだけど、ゲーム部分とかアクション部分はそれなりに面白くてまぁメーカーの力は感じた作品。まぁわざわざやるゲームではないっていう感じ。

Eastward(イーストワード)

store-jp.nintendo.com

評価:★★★★☆
感想:今年買ったインディーゲーではこれがベストかもしれないドット絵アクションRPG。ゲームの質感としては2Dゼルダに近い。終末ものっぽい雰囲気があるのでそーゆーのが好きな人には是非遊んで欲しい作品。謎解き要素がちょっと面倒になることがあるのぶん減点だけどボリュームも言うことなくて素晴らしいゲームだった。

METALLIC CHILD

store-jp.nintendo.com

評価:★★★★
感想:HADESと同じタイプのクォータービューのアクションゲーム。こちらの方がポップで爽快感がある仕上がりになっている。ロックマンのようなステージ選択制を取っていて倒したボスの武器が使えるようになるところもロックマン同様。割と難易度が高くて覚えゲーに近いところもロックマンっぽさがあって、ロックマン好きな人にはマジでおすすめできる作品。

DUNGEON ENCOUNTERS

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:スクエニが出してきたRPGの基本要素だけを詰め込んだダンジョン探索型ゲーム。単に階層を降りていくだけのシンプルな作りではあるが色々考えることがあって結構おもしろい。ただ、初見殺しの敵が出てくることがあって、(おそらくファミコン時代のRPGをイメージして作ったんだろうが)これがオートセーブ時代のゲームには相性が悪くて育成キャラを一撃で全滅取られてしかもそれがセーブされて頭からになってしまうのはどうなのよって言う感じだった。手動セーブとかで直前からやり直せればFF5の神竜ギミック的なのがあるのはわかるが、初見殺しオートセーブはただのゴミだと思う。おかげでやる気がなくなってクリアまで遊べなかった。今ちょうどセール来ているが個人的には時間潰しの一人用ゲーム探している場合でもない限りオススメしない。

Voice of Cards ドラゴンの島

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:ニーアの横尾さんのカードゲームRPG。全てがカードになっていて戦闘もランダム要素はダイスみたいな感じのカードゲームRPGになっている。発想は良かったと思うがエンカウント率が高すぎる上にものすごくテンポが悪くてとてもじゃないけど遊べるゲームではなかった。今月に速度アップパッチが追加されたらしくその後やってないのでなんとも言えないが試験的な作品だったなあと言う印象にとどまるゲームでこの価格ではお勧めなどできない。

たいみんぐぅ~

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:ただタイミングよくボタンを押すだけのインディー音ゲー。簡単に言えばものすごく出来の悪いリズム天国という感じ。別に面白くないわけでもないけど買うほどでもないよね見たいなゲーム。

レッツプレイ!オインクゲームズ

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:テーブルゲームがいくつか入ってるゲーム。大変残念なことにある程度人数がいないと遊べないものがほとんどで1〜2人でやるにはだいぶ難しかった。これを買うともだちがいっぱいいる人向け。

ヘル・ワーダー

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:せーるだったからかったんだけどやってない。

ロマンシング サガ2

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:せーるだったからかったんだけどやってない。

ロマンシング サガ3

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:せーるだったからかったんだけどやってない。ちなみに商品名は2は半角なのに3が全角。

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:せーるだったからかったんだけどやってない。

ソニックフォース 新価格版

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:せーるだったからかったんだけどやってない。

BRAVELY DEFAULT II

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:賛否両論あったあの名作ブレイブリーデフォルトの続編(ブレイブリーセカンドなんてなかった)年取ったせいなのかRevoの音楽が辛く感じて途中でやめてしまった。ゲーム的にも謎の草刈りアクションがだるい上にそれでバランス崩れるようなデザインしているのであんまりよくなかったと思うけど最後まで遊んでないので楽しいのかもしれない。個人的には半額ぐらいになったらやってもいいのではぐらいの感じ。

おすそわける メイド イン ワリオ

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:ミニゲームがいくつか入ってるタイトル。一人で遊ぶのには向かないけど友達とやるにも2時間ぐらいでいいやみたいな感じのゲーム。宅飲みのお供に買って持っていってひとしきり遊んだらブッコフ行きみたいな運用がいいと思う。

ワールズエンドクラブ

store-jp.nintendo.com

評価:★
感想:アドベンチャーゲーム。個人的には世界観が合わなかったのとストーリーの引きが弱かったなという印象。あとアクションのもっさり具合が別ゲーやる人だと引っかかるような気がする。

ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング

store-jp.nintendo.com

評価:★
感想:知育ソフトみたいなやつ。子供にはいいかもしれないけど俺らみたいなプログラム組んでる人はナビというかチュートリアルの部分が長いししつこくてだれる。作りたくもないゲーム組まされる気持ちたるやもうね、うん。ナビが選択式ならもっと遊べたかもしれないのにってはおもう。

スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド

store-jp.nintendo.com

評価:★★★
感想:過去にでた同名の作品に追加がついたSwitch版。マリオなので普通に遊べて面白いけど、マリオなので真新しさもなく見たことある景色でしかなくて飽きてしまうような感じ。別に損はしないと思う。

ミスタードリラーアンコール

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:急にやりたくなったので買ったやつ。ただ無限に掘るモードがやりたいのにそれをやるにはシナリオをクリアしなきゃいけなくてちょっとだるかった。往年の名作ではあるけどちょっとゲームデザイン良くないような気はする。

イースIX -Monstrum NOX-

store-jp.nintendo.com

評価:★★
感想:ぺろりさんがおもしろいっていってたから買ってみたやつ。なんかRPGやりたくて買ったんだけど手持ちでやるにはちょっとアクション要素強めでおいてしまった。グラがPS3かなぐらいの感じは受けるので価格ちょっと高いと思う。

ビビッドナイト

store-jp.nintendo.com

評価:-
感想:先週出たやつ。おもしろそうなので買ったけどまだやってない。

PS4

バイオミュータント

store.playstation.com

評価:☆
感想:評価すらつけたくない産業廃棄物のゴミゲー。大作アクションRPGとしてリリースされたものの、酷すぎるローカライズ、元々面白くないシナリオ、全てナレーターがしゃべるキャラクター同士の会話などネタに事欠かずにクソゲーとして扱われたゲーム。その結果何も褒めるところがなかったせいでみんな口を揃えて「アクションはそれなりに面白い」とか言い出す始末。そのアクションもかなりお粗末な出来で処理落ちもひどいととてもじゃないけど褒められたもんじゃない。よくこんなものリリースしましたね大賞。

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶

store.playstation.com

評価:★★★★
感想:いわゆるキムが如く2。前作もだいぶ面白かったけど今回もかなりの名作だった。扱うテーマが前作のちょっと現実離れしていた内容と変わっていじめ問題になったことで多くの人がシナリオに置いていかれることがなくて良かったと思う。シナリオ自体だけを追いかけてもいいし充実のサブクエで遊んでもいい。何よりもキムタクを動かせるという価値は唯一無二。龍が如くスタジオはいい仕事をすると思う。ぜひやってほしい一本。

Tales of ARISE

store.playstation.com

評価:★★☆
感想:個人的にエターニア以来のテイルズシリーズ。ものすごく評判が良かったから買ったけど個人の感想としてはごくふつうのゲームだった。結局最後まで遊んでないのでシナリオの盛り上がりとかはわからないままではある。シリーズのファンの人は楽しいんだろうなっていう感じだけど夢中になってやるみたいな感じではなかった。

APEX LEGENDS

store.playstation.com

評価:★★★
感想:FPSできないマンなのに嗜みとしてやっておいた方がいいかとおもって最近始めた。結果として視野角広げればそれなりに遊ぶことはできるということがわかってFPSなのに遊べている。この手のゲームとしては珍しく壊れ性能のようなものがないように感じていて非常にバランスがいい。ただやはり対戦ゲーなので民度というか人がゲームをつまらなくするんだなという感想ではある。1試合がそこそこの時間かかるので数試合やるかーみたいな感じでちょいちょい遊べるし無料なのでみんなやるのもわかるというかんじ。

TITANFALL2

store.playstation.com

評価:★★
感想:APEXやって世界観に興味が出たのとFPS遊べるじゃんって思って買った。が、視野角が固定なのとフレームレートなのかなんなのか頭痛がしてしまって結局FPSダメじゃんってなってやめてしまった。キャンペーンモードしかやってないけど難しくもなくオレツエー系なので対戦ゲーに疲れた人は面白いとおもう。

KENA

store.playstation.com

評価:★★(暫定)
感想:前から興味があったのがセールになってたのでさっき買った、冒険系アクションRPG。軽くやってみた感じではローカライズ不十分なのと導入部がよくわからないというFF13タイプのゲームで、フレームレートが低いのとカメラが操作に対してもっさりしてるせいで割と酔うのでちょっと出来が悪いなという感じ。もう少し遊んでみるつもりではあるけどどうだろうか。

NieR Replicant ver.1.22474487139...

store.playstation.com

評価:★★★
感想:ニーアレプリカントのリマスター版。リメイクってほどリメイクじゃないとは聞いていたけどPS3版に忠実にPS4で動くようにしたみたいな感じで動きのもっさり感とか謎判定とかも当時のままという感じ。逆にすごいけど真新しさもなくオートマタから入ってこれやった人たちはうーんってなるのではという感想。

まとめ

ことしも結構ゲーム買ったけどやってないの何本あんのよって感じなのでやろうな俺。 この他にもDLCのみであつ森とか対馬もやったからな。対馬DLCは素晴らしかったので是非やって欲しい。
これを書いててそういえばゲーミングPC買ったしSteamも何本か買ったなって思ったけどどうせはらさんと遊ぶゲームしか買ってないし面倒になったのでまぁまた別の機会にw

ことまが選ぶ今買うべきNintendoSwitchのゲーム5選

Youtuberみたいな胡散臭いタイトルをつけていきました、こんばんはことまです。

まぁなんか知人から「ゴールドポイントがあるんだがなんかおすすめのDLゲームはないか」と言われたのでまとめるというだけの記事。
本当は10本書こうかと思ってたけど何も思いつかなかったので5本にしました、お付き合いください。
ランキング順ではないのでご了承ください。

HADES

クォータービューのローグライクアクションゲーム。
ローグライクなのであと一回あと一回みたいに続けてしまう謎の中毒性がある。
僕はエリア2の画面が赤いので辛くなってしまうので1日に1回しかやってないけど、好きな人は好きだと思う。
基本的には死にゲー。
store-jp.nintendo.com

Crown Trick

ターン制ローグライクRPGトルネコとSlay the Spireを足して2で割った感じのイメージ。
絵柄は可愛いけどなかなかシビアなゲーム性で結構遊べる。
store-jp.nintendo.com

Slay the Spire

ローグライクのカードゲーム。またローグライクかw
塔を登りながらデッキ構築してシャドバ的な戦闘をして勝ち上がっていくゲーム。
割とだらだら遊んで気づいたら数十時間という危険なゲーム。
store-jp.nintendo.com

ダンジョン・ウォーフェア

タワーディフェンス、ダンジョンにくる勇者?を罠を仕掛けて駆逐するだけのゲーム。
セール時は300円ぐらいになるわりに奥深い戦略がある非常にコスパの良いゲーム。
store-jp.nintendo.com

Ultimate Chicken Horse

4人まで遊べる2Dアクションパーティーゲーム
ターンごとに罠設置していってゴールまでいけるかどうかを競うだけのゲーム。
一見単純だけど実際はロックマンRTAのようなものなので難しくて面白い。
たまにセールが来るのでその時に買うとコスパが非常に良い。
store-jp.nintendo.com

5/15に1年半ぶりに東京競馬場に行った。

タイトルの通り。
まぁ今の競馬場がどんな感じなのかっていうだけの話ですが書いていこうかと思います。写真は面倒なのでなし。

入場券の確保

指定席予約サイトでやる。ここで入場券を買わないと回数券だろうと何だろうと入れないのが今の競馬場。
去年は個人で買わなきゃだったけど今年は同行者を連れて行けるようになった。まぁ席は離されるけど。
この日の入場券は先着販売だったのでまあログインバトルだった感じ。
ちなみに先着販売じゃない場合は抽選予約。
GI開催日とかは通常はJRAカード会員じゃないと当選とかしないって言う噂は耳にする。
実はJRAカード会員じゃないのに来週のオークスにも当選したので↑が本当かは知らないけど。

会員ログイン | JRA指定席ネット予約

余談だけど、このサイトはヤクルトスワローズのスワチケと同じサービス(ぴあかなんかのそーゆーサービスらしい?)なのでログインバトルはなかなか熾烈。

府中競馬正門前駅

この日は京王線府中競馬正門前駅からの入場にした。
新宿着いて気づいたけど、東府中への臨時停車がない上に競馬場線が間引かれてるっぽくて東から行く組は中央線で西国分寺乗り換えした方がいいんじゃないかなって気になった。
たまたまかそーゆー運用なのかわからないけど時刻表上は東府中から徒歩の方が早いかなって思ってたら競馬場線が待っててくれたので遅延なく乗り換えられてよかった。

入場

上のJRAのチケット予約で入場券を手に入れていたら入場ができる。 スマホQRコードを出して指定席受付に並べって言われるけどこのQRコードの表示がなかなかの初見殺し。
さっきの指定席予約サイトをログインしないでログイン情報を入力してQRコード表示ボタンを押すと出てくる。
こんなのわかるかよ購入履歴から表示するようにしろよって思ったよね。
表示方法を受付で聞いてる人俺以外にもいたよ。当たり前だよね。
ここで同行者がいる場合は紙に氏名と連絡先を書く。
これ、個人情報保護方針みたいなのまったく説明なかったけどまあJRAなのでいっかって思ったけどあまり良くないとは思う。
入場券と一緒にリストバンド渡されて、これを係の人につけてもらって入場。
入場時に検温と手指の消毒を徹底される、あとマスクケースが配られる。
ちなみに手荷物検査フェーズは無くなってた。

余談だけど、大前提となる入場券予約が理解できないおじさんが入場門で食い下がってて「うちにはインターネットはないんだから入れろ」とか言ってるのなかなか面白かった。
だいたいマスクしてないんだよねあの手の人、でも新聞は3紙ぐらい持ってて気合だけは十分だった。

場内

人がものすごく少ない以外はいつもどおりと言う感じ。逆に快適まである。
どこにでも移動できるしスタンドも普通に利用できるし、自由席エリアの椅子も間引かれて入るけど普通に使ってても怒られない。
極端な話、入場さえできれば何人かのグループで見ることも可能だとは思う。このご時世あんまり良くないと思うけど。

ターフィーショップ

アーモンドアイの写真集買いたかったのでターフィーショップへ。
2店舗だけの営業っぽくて、府中本町側のはやってた。メモリアル60?のは休業。
これも店内が一方通行になってる以外は普通営業。
売ってる馬のぬいぐるみが前回と様変わりしてた、1年半の時間の流れを一番実感した瞬間だったかも。

飲食店

かなり間引かれてる、営業してる店の方が少ない。
当然だけどアルコール販売はなし。
この日はラーメン西海が西海製麺所になって復活してたので食べてきた。

隣のバーガーキングはこの週だけやってないみたいなことが書いてあった。
大体の店が15時閉店って書いてあったのでまぁアルコールないとその時間以降に飲み食いする人いないんだろうなって感じ。
一応飲食エリアは限られてる旨のことは書いてあったけど普通にそこ以外で食べてる人もいたしあんまり厳密な感じではなかった。

馬券購入

マークカードとか鉛筆が個別に袋詰めされてたり、一度とったものは戻すなって書かれてたり色々対策はされてた。
一番驚いたのが券売機で、当然精算ボタンとか書い間違えでタッチパネルとか触るのに消毒とかどうしてるんだろうなあって思ってたんだけど。
いざ行ってみたら後ろにおばちゃんが常時うろついてて、購入なり払い戻しなりのアクションがあった台に即向かって行って消毒ってしてた。
これは本当に徹底されててJRAすごいなって思ったよね。多分今まで購入案内してた人たちがやってるんだろうけど上手い人員配置だなって思った。

指定席エリア

この日は5FC指定に入ったんだけど、景色がめっちゃよかった。

実は競馬歴20年以上あるのに競馬場の指定席エリアに入ったのは初めてだったんだよね。ちょっと感動だった。
実際中移動できるし、指定席はペア利用みたいなことできないので同行者いたらスタンド行っちゃうだろうけどソロで行ってここで1日楽しむのもありだなって思ったぐらいにはよかった。
電源もあるしめっちゃ遅い謎Wifiは掴めるから頑張ればPC持ち込んでどうこうはありかもしれない。
あと、間引かれてはいるけど、場内で一番密な環境だったように感じた、屋外だけど人が近い感じは受ける。

スタンド

個人的には日光浴が目的だったのでずっとスタンドにいた。
人はまばら。自由席エリアの椅子が割と使ってる人いたので真似して使ってたけど人がいないのでものすごく快適。
柵は3列目が使っていい感じになっててそこより先はロープばりになって前はいけなくなってた。
スタンドの床の石畳から雑草が生えてるのが見えて、急な開催再開で間に合わなかったんだろうけど趣を感じたよね。

4人ぐらいでみてるグループはいたけどいつもみたいな超大人数みたいなのはいなかったのでまあ当たり前だけどみんなで観戦会みたいなことは自粛した方が良さそう。

感想

とまあ書くのに飽きてきたからこんな感じだったよってぐらい。
やっぱ競馬場はいいねって思った、馬券は散々だったけどw
また来週もオークス見に行くのでちょっと楽しみ。
おしまい。

基礎からわかるナイスカジュアル

どうもことまです。
なんかすっげえたまにおちばしゅーたーの使い方聞かれることがあるので記事にしておこうかと思ったのでこれを書きます。
仕様等誤りがあればTwitterで指摘してくれれば直すかも知れませんが、この記事はあくまでも僕の認識で書いています。
(Special thanks! :例にあげてる動画の犠牲者の皆さん)

この記事の筆者について

XP25ぐらいのスシコラ使いで、よく深夜帯リグマでふみすなんとかってカーボンの人といっしょにやってるまるのうちOLの中の人です。

ナイスカジュアルとは

さいほーさんのこちらのブログから発生した掛け声です。
saihoooooooo.hatenablog.com

Twitter上のハッシュタグは基本的に僕しか使っていませんがw

本編

???「基本的にスプラトゥーンはゆかいなパーティーゲームですから、バブルランチャーを当てると楽しい。そんな感じでいかがでしょうか。」

ギア構成について

まず大事なギア構成について。
僕個人としてはバブルを軸に立ち回るタイプのプレイヤーなので対物、スペ強2,6、安全0,2、爆減0,1という特大バブル構成にしています。
f:id:kotomalism:20210208181526p:plain

トーピード軸の場合もう少しサブ強化のギアを積んでもいいかもしれません。
おちばに必須なのは対物と安全0,2だとは思って欲しいです。
まず対物を積んでないおちばは相手から即割がないとみなされて舐められます。これなら他の武器持ったほうがいいですね。
安全0,2があるのとないのだと敵インクの中でのカジュアルの決めやすさが全然違います。基本的にスペシャルには確実性が必要なので積んでおきましょう。
爆減0,1は生存のお守りでしかないので別ギアでもいいですが、それでも生存方面(ジャン短など)に振ったほうがいいと考えます。
バブルのデカさは圧力のデカさなので僕は相手から見えるメインギアはスペ強にしたほうが圧は高まると思いますが、プレイヤーの帯域によっては相手のギアなんか見てない人もいるのでサブ系ギアでも問題ないでしょう。

トーピードの仕様を知る

wikiwiki.jp

まず基本的な仕様は上のリンクを参照してください。
要点としては

  • 基本は索敵やメインとの連携に使う。
  • 自分で投げたトーピードが消滅するまで2個目は投げられない
  • 相手が投げた変形トーピードは、攻撃して撃ち落とすことが可能。変形しない場合は撃ち落とせない。
  • 投げた時も転がした時も爆風のダメは同じ
  • 投擲後サーチしない時間が僅かに存在する(≒あまりに近距離から投げるとすり抜ける)
  • ボムではないので確1武装ではない

というものが挙げられますね。
ここから、基本的には何かと組み合わせて使う武装であるということがわかります。

トーピードの基本的な使い方

では、基本中の基本の使い方について見ていきましょう。

例1)段差下の敵をどかすのに使う

まあ基本ですね。コンブ等で復帰時の基本の流れです。
f:id:kotomalism:20210208190534p:plain

例2) 敵高とか壁裏のせんぷくをあぶり出す(嫌がらせをする)

これも基本ですね。チャーや後衛への嫌がらせも兼ねてます。 f:id:kotomalism:20210208191025p:plain

例3)セルフクロスをとるのに使う

おちばしゅーたーのメインは28ですからトーピード弾頭の60と+して2発でやれる計算になります。
(基本的に散弾は計算に入れないほうが安定する) f:id:kotomalism:20210208192125p:plain

例4)メインが届かない遠目の敵に転がしてキルをとる

スプラボム用途(ただし60or35)
f:id:kotomalism:20210208192608p:plain

例5)塗り

塗りクイボ用途、滅多に使わないバッテラの対面エリアとかぐらい。
f:id:kotomalism:20210208193050p:plain

番外編)ナイス玉を爆発させる

実は変形後トーピードにナイスダマが当たると爆発します。
トーピード側が狙ってやるのは不可能なので知識として持っておくだけの話。

主なものをあげましたがこのぐらい。あとはまあバブルの即割りに使うというのがありますがそれは後述。

バブルランチャーの仕様を知る

wikiwiki.jp

まず基本的な仕様は上のリンクを参照してください。
要点としては

  • 遠爆風50(≒爆減ついてないやつなら2つのバブルの遠爆風でキルが取れる)
  • スプラッシュシールドと同様、ボムの類が触れると即爆発を起こすのでシールドボムに注意
  • バブルは時間経過でも大きくなる。(0.5ダメージが毎フレーム蓄積される)≒長く滞留してると割れやすくなる
  • 破裂(消滅)には上記の倍率込みで400ダメージが必要(トーピードは対物倍率3.2倍なので即割りには弾頭+散弾が必須)
  • 1個目から3個目にかけてサイズが大きくなる。
  • スーパーチャクチは天敵(一個出して相手に着地吐かせて残り2個を使うなどの工夫が必要)

というものが挙げられますね。
ここからわかるように大きいことはいいことだといえます。

バブルランチャーの使い方について

それでは例によって使い方を見ていきましょう。

例1)大量虐殺兵器として使う

見た目に派手だしモストポピュラー。こればっかりの人が多い。

もちろん相手の枚数を一気に減らせるので打開のトリガーとしても使えます。

例2)壁として使う

エリアなら塗りの壁、アサリなら投入の壁、やぐらなら関門の壁、ホコなら通路として。
この動画はエリア塗りの壁の例、カウントとの兼ね合いでエリアに置くことで勝ち確にできます。

こちらはヤグラの壁バブルの例、コンブだと割と刺さる展開ができてしまうのでこのように割ってしまうのもあり。

例3) エリアの強制確保に使う

当然ですが塗り範囲が広いので一瞬でエリアの確保ができてしまいます。

例4) 擬似キャンプとして使う

昆布の右から敵陣に入るときなどにバブルを流しながら進むことで擬似的にキャンプのパージと同じ動きができます。
動画はなかったので割愛。

例5) たまったら抱える

じつはおちばシューターという武器はカジュアルが代名詞なのでたまってるだけで相手にプレッシャーを与えることができます。
飛び交う報告、「落ち葉の場所はどこだ」「相手バブルあるから慎重に」など言わせようものならこちらの勝ちです、潜伏して日和らせましょう。
即吐くだけがバブルではないということを知っておきましょう。

ナイスカジュアルのやり方

本編の本編ですね。ナイスカジュアルのやり方についてです。
ある程度どの状況からでも即割を繰り出せるようにまず試し打ち場で手癖にしておきましょう。

基本的な操作としては索敵して変形したトーピードの上に載せるようなイメージになります。
f:id:kotomalism:20210208202832p:plain

まずバブルの耐久は400ですね。
これにトーピードの弾頭は60でこれが倍率3.2ですから192ですね。これに自軍バブル補正の1.2がかかって230。足りないのは170です。
(角度によっては爆風も入ることがあるっぽいけどここでは最少保証で説明します)
ここを埋めるために散弾部分をうまく当てる必要があって、散弾8つの12 * 3.2 * 1.2を5つ以上入れる必要があるということです。
f:id:kotomalism:20210208203638p:plain
なのでまあ載せるイメージだと受け止め漏れが少なくて割れやすいよねという感じの理論になります(計算式間違ってるかも知れませんがイメージで感じて欲しい)。
実戦ではたまにこぼれることがあったりするので少なくとも練習での即割は失敗しないようにしておく必要があります。
練習でできないことを実戦でできるわけがないというのはイチローも言っていましたね。

この辺りでわかるようにトーピードをバブルが追いかける形では即爆が安定しません。
トーピードを投げた後に索敵トーピードにおいつく必要があるので安全靴0,2が必須ギアになるというわけです。

獲物に対する入り方

基本的にバブルランチャーの耐久を削って割ることになるので打ち合いになると即割れなくて確定の場面を逃してしまいます。
ですから当然正面から撃ち合うようなバブルの吐き方はナイスカジュアルとしてはNGです。
↓これの3つめとか。

上からカジュアル

僕がよくやるのは上から降っていってトーピードの索敵と同時にバブルを展開するやりかたです。
これは相手が何が起こったかわからないうちにやることができるので強いですが、相手の上に入るのが難しかったりします。
あと、感覚的に索敵展開距離を把握しておく必要があるのである程度慣れが必要だとは思います。練習しましょう。

下からカジュアル

また、おちばシューターは当然短射程ですから段差上のチャージャーなどをやることはそれなりに難しかったりします。
ですがバブルランチャーの遠爆風を駆使すればそう言った長射程をやることもできるので感覚的に身につけていきましょう。
f:id:kotomalism:20210208205443p:plain
チャージャーは多くの場合爆減を積んでいませんから。この高さ合わせ2つでやることができる場面が多いです。
軸合わせのイメージ↓

遠爆風2個のイメージ↓

横からカジュアル

味方と打ち合ってる敵に横から差し込む、遠爆風でひよって逃げる敵に追いかけて当てるなどはこの当て方です。
これも基本は相手が撃ってこない前提に立っている闇討ち型バブルなので性格の悪さが試されます。


余談ですが、バブルを吐く時に1つで複数枚やれるのは相手の警戒心が弱いだけなので、基本はキルを狙うなら1ばぶる1きるぐらいのイメージで確実に取れるのをとるようにしたほうが成功率は高いですね。

まとめ

書くのに飽きたので終わろうと思うんですが、まあみなさんの何かの参考になればいいかなと思います。
皆さんのカジュアルライフが充実することを願って止みません。
おしまい。

ことしかってよかったもの2020

ことまです、こんばんは。

2020年ももう終わりですね。
今年やりたかったことできましたか?
思い描いた人生を送れてますか?
来年こそはと思ってるんじゃないですか?

はい、まあ頑張っていきましょう。
ということで、今回は僕が今年買ってよかったものの紹介です。
アフィリエイトはつけてないので安心してリンクから買ってください。

Positive Grid Spark

www.ikebe-gakki.com

まぁ簡単に言えばマルチエフェクター搭載のギターアンプみたいなやつ。
操作がスマホアプリで、音色の変更とかもスマホからできます。

とまあこれだけの説明だと何がすごいのって感じだろうけど、他の人が作った音色をアプリからロードするだけでその音になるんだよね。
それがすごい。
たとえばガンズのSlashだったりの音取り込んだらそれっぽい音で鳴るし、そのままアプリからジミヘンをに変えるとジミヘンっぽい音になるわけ。
はっきり言ってライブするわけでもなく自宅でギターで遊ぶだけだったらこれ1台で相当楽しめるし卓上アンプ1台だけで済むから場所も取らないし見た目も悪くない。
俺たちが学生の頃にこーゆーものが欲しかったというのが個人の感想。
くわしくしりたいひとはヤングギターのこの記事がわかりやすいのでどうぞ。

youngguitar.jp

ちなみに付けたリンクはイケベ楽器だけどメーカーサイトでは頻繁にセールになってるので個人輸入なら実売価格25kぐらいで買えるのもポイント高い。
巣篭もりに最適なのでまあ楽器やる人とか始めたい人は検討してどうぞ。これから始めるキッズたちにはマジでいいと思う。

ベースブレッド

https://www.amazon.co.jp/BREAD-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%AE%8C%E5%85%A8%E6%A0%84%E9%A4%8A%E9%A3%9F-16%E5%80%8B%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B088R2M7GV/www.amazon.co.jp

いわゆる完全食パン。
僕はこう言ったものに興味がないので全く知らなかったんだけどことの発端は某タニモト氏のツイート。

マジかそれ食ってればダイエットできるのかみたいな短絡的なこと考えて16個入り買って試してみたわけですよ。
(僕はそれなりにタニモト氏のことを信頼しているのでこう言った思考に至る部分もあります)
いやもうこれがよかった。

いままで家での食事とか何も気にしてなかったんだけど、とりあえず食うかでコンビニ弁当とか食ってるから脂質とかカロリーの調整とかできなかったんですよね。
それにくらべてベースブレッドはせろさんもかいてるように「これだけくっとけば栄養はOK」みたいな安心感があるので低脂質で余計なもの食べないんですよ。で、僕は普段おやつを食べるんですが、おやつとかもあまいものとかもこれ自体がチョコ味なんでまあ食べなくていいかなってなるし、タンパク質がそこそこあるので腹持ちもするしで間食を全くしなくなりました。
食べ始めて1ヶ月ぐらいで4kg落ちましたね、健康的な落ち方なので満足してます。もうただこれ食うようにしただけで外食頻度も何も変えてないでダイエットになったのでみんなも試してみるといいとおもいます。
ちなみにダイエットは継続が大事ですがずっとこれだと飽きるので、1日に1食だけ別のもの食って、後はベースブレッドみたいなことすると続くかなと。僕は実際それで続けられてるので。
リンクはお試し16食のやつなので是非お試しください、味が合わないとかはあると思うので試してからの方がいいと思う。おすすめです。

GHOST OF TSUSHIMA

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B085K45JDBwww.amazon.co.jp
store.playstation.com

元寇を基にしたオープンワールドRPG。 PV↓

www.youtube.com

いやもう今年やったゲームで一番面白かった。ダントツ。ぶっちぎり。
FF7Rやった時に「ああ今年のナンバーワンはこれかな」って感覚的に思ってたし、ゼノブレイドDEとかも面白かったんだけど、もうこのゲームはそんなレベルじゃなかった(リメイクじゃないから先の展開わからないのもあると思うけど)。
シナリオ、操作感、ボリューム、戦闘の気持ちよさ、景色含めたグラフィック、どれも高いレベルでまとまってるんですよね。
何をとっても高いレベルで纏まってる上にロード時間がないに等しいから没入感高くて気持ちよくゲームを遊ぶことができるという。本当にいい仕事、それ以上何もいうことがない最高の作品だった。
PS4持っててまだやってない人は是非、PSStoreできっと年末セール来るし。やらないのは損失だと言い切れる。

まとめ

まぁ思い返してもこのぐらいしかなかった。
ご飯屋さんのまとめでもした方が良かったのでは感があるけどまあ時すでにお寿司。
それでは皆さん良いお年を。

レース選びの勘所について

どうも、ことまです。

割と内輪で競馬を知らない人がダビスタを始めていて出走レースを適当にお任せのままにしてる事象がみられるので、選び方について書こうかなと思ってこれを書いてます。
ちなみに私はノーリセットでGIを120勝ぐらいしてますけど、調教は完全お任せですし、レース選択も原則口出しはしてなくて自分の中で出したいレースがある時だけ手で登録してます。
たとえば後述のパワーに問題があるうまが中山に登録されてたら手で裏開催の京都のレースに移したりということをしているだけで、他はまかせっぱにしてるということですね。

知っておいた方がいいこと

パワー

今作からの新要素でパワーというものがあります。
このパラメーターが低いと直線に坂のあるコースでスタミナの削れ方がすごくて最後に止まることになるので、パワーコメントが出ていなかったり、レース中に明らかに坂で止まっているような動きをしている馬がいたら以降坂のないコースに出走させるといいでしょう。
坂のあるコース:中山、阪神、東京、中京、福島
坂のないコース:京都、新潟、小倉、札幌、函館
ちなみに、3月6月9月12月は大体坂のあるコースしかやっていないので、そこの月の出走をやめるとか、まぁ負けてもしょうがないしなと割り切ることが大事です。
あと、あくまでもスタミナの削れ方がすごいだけなので、もともとスピードが高いとかスタミナが高いのに短い距離に出てるとかの場合にはあまり影響はしていないようにみえる(本当にそうかは知らないけど体感そんな感じがする)ので過剰に意識しすぎても勝機を逃すことになるので知識として持っておく程度の話でいいとおもいます。

騎手の選定

設定を切っていなければレース登録時に騎手の確認が来ると思いますが、その時に一番上の段にいる戸崎、三浦、ルメールを使うとレースであまりいい結果が得られないように感じています(特にルメール
ツイッター等みていても、ルメールはGI以外ではいまいちというように見えていて、実際に僕も人気ない馬で適当にGI出した時にぐらいしかいい結果を得られていません。
基本的には川田、武豊あたりがおすすめなのでこだわり(たとえば「俺は野中悠太郎のせるんだ!」みたいなの)がないなら騎手は川田か武豊にお願いするようにしましょう。
ちなみに弊牧場では坂井を推しているのでよく乗せていますが大きいレースになるとやっぱりちょっと頼りないです。

レースの作戦指示

今作はレースアルゴリズムの問題で、前が詰まると強い馬でも簡単に負けてしまうようになっています。
なので基本的には包まれないように「逃げ」以外の指示をすることはしない方がいいでしょう。
この時にスタートのダッシュ力と最後の直線に入った時の残スタミナの関係で前述のパワーが意味を持ってくることになります(差しとか追い込みにしてるとあまり坂の影響で失速しない気がするのでたぶん残スタミナが多いから失速に関係ないんだと思う)
包まれないように、と書いてあることからわかるように実は外枠だとあまり包まれないので差し戦法も決まったりはします。
例えば逃げ馬が多い多頭数(14頭以上)のレースで外枠に入ったら差しを選択してみるのもいいでしょう。
ちなみに多頭数と書いたのは頭数が少ないとインコース回ることができてしまってコーナーでインに寄せていくので前詰まりのリスクが増します。
同様に追い込みにすると下げすぎでインコースを回ってしまうのであまり良くないように感じています。

レースの使用間隔について

基本的に柳以外の調教師に預けると馬の体質をあまり考慮せずに中1週2週とかでガンガン使ってくる(梶原に至っては中を開けない)ので任せっぱなしにしてると簡単に馬が壊れてしまいます。
創業当初の牧場では出走手当の35万すら大事だと思うので故障をしないでレースを使うことが大事になってきます。
壊れないように自分で出走管理をしてあげるといいでしょう(簡単に言えば騎手を選んでくださいって言われたところで今週は出さないって操作をするだけ)
1歳コメントの見方を知っている場合、みてみて「足元が丈夫」と「疲労の回復が早い」の両方を言われる馬だった場合のみ中一週で使ってても3ヶ月ぐらいはレース後の疲労コメントすらみないというような感じなので、普通の体質や丈夫さの馬の場合は管理してあげた方がうまく勝ちにつなげることができるでしょう。
ちなみに丈夫さと回復力は別の概念で、怪我は丈夫さが影響していて、疲労は回復力が影響しています。
で、レースの結果に影響するのは疲労のほうっぽいので、疲労がちょっとでも溜まってる(調教師コメで確認できる)ようなら即放牧に出して抜いてあげた方がいい結果につながるでしょう。
たとえばGIで目標にしてるレースがある場合にはそこから逆算して放牧で疲労抜きをするとかも有効な戦略なので知っておいた方がいいでしょう。
ちなみに僕は下級条件でレースを選ぶのが面倒なので最初から使用間隔が長い柳厩舎にしか預けていません。

馬の能力のピークを知る

このゲームでは馬ごとに成長型というものが存在していて、ピークを迎えると能力が落ちるというようになっています。
つまりピークでない時には本来強い馬でもあまり勝てないわけなのでピークを知ることで寛大な心でレースを眺めることができるようになります。
多くの場合1歳から2歳のコメントから情報を得ることができますが、見逃してしまったりコメントが出なかった場合にも入厩コメントの出たタイミングで大体のピークを知ることができます。
ピーク時に重賞で稼げるようにうまいこと勝ち上がって行けるようにしましょう。

  • 4月1週OK > 2歳終わりから3歳頭
  • 5月1週OK > 3歳5月前後
  • 6月1週OK >3歳11月前後
  • 7月1週OK > 4歳5月前後
  • 8月1週OK >4歳11月前後
  • 9月1週OK > 4歳終わりから5歳頭ぐらい?
  • 10月1週OK > 5歳ぐらい

ざっくり概ねこのような感じでとらえておけばいいと思うので(当然個体差もあるし実際はこうじゃないかもしれないですが僕の認識はこうという感じ)、例えば10月1週入厩の馬で2歳の新馬戦の印が薄かったからと言って悲観することはないですし、4月1週入厩なのに新馬戦の印が薄かったらガッデムぐらいのことは思ってもいいでしょう。
ちなみに、例外ケースとして1歳コメントで早い時期にデビューと言われているのに入厩OKが7月1週みたいなケースがありますが、これはどうやら持続型を表しているようで、多分1歳コメントで確認できるのは成長型で入厩OKコメントは劣化タイミングを表しているのではないかなと個人的には推測しています。

レースの選び方

下級条件

基本的に調教をお任せにしてると調教師が使うタイミングがあると思います。
その時に馬の適性や前回のレースで調教師が言ったことと矛盾がないか(芝・ダートとか右回り左回りとか)だけ確認してレースを選ぶようにしましょう。
もし矛盾があるようなら自分で差し替えて、問題がないならそのまま登録をします。これだけです
あと芝ダートは画面に書いてあるので見ればわかりますが、右回り左回りとかわかんないという人もいると思います。
新潟・中京・東京だけが左回りと覚えておけばOKですし、覚えるのが面倒ならポストイットにでも書いて貼って置きましょう。

重賞の勝ち方

何も知らないで競馬チャンネルの山の図みたいなのを見せられると純粋にG3が勝ち易くてG1が勝ちにくいように感じると思います。
ただ、ここまで読んだ方はお気づきかと思いますが馬の適性によって勝ちやすいレースは変わってきます。
例えば2勝クラスの中山2000mよりもG3の京都1600mの方が勝てる馬が存在するということですね(スタミナがギリギリで坂を苦手にする馬の場合など)
要は、他のレースと同じで適性を見極めてレースを使うということが大事で、格上挑戦でも結果を残せる馬というのも存在するのでそう言ったレース選びをしてみるというのも戦略の一つとして持っておいた方がいいでしょう。
弊牧場では過去に2勝クラスのまま有馬記念に登録して逃げ切った馬もいます。

重賞レースの選び方

適性があるレースでも負けてしまうことは当然あるわけで、こう言った時に相手関係という概念が登場します。
要は同じレースに自分の馬より強い馬がいなければ勝てるよねっていう考えができるわけで、相手が軽いレースを選ぶということが大事になってきます。
で、これはGI〜G3というグレードに関係がなく、馬の能力がベースになってくるので勝ちやすいG1勝ちにくいG3というものができてしまっています。
G1~G3に限らずレースの名前がついてるレース(特別レースと言います)は出走登録画面から登録馬の確認ができるので、ただ漠然と「G3勝ちたい賞金稼ぎたい」みたいなのならこの馬が見えたら回避しろみたいな馬を覚えておいたり、予めそう言った馬が少ないレースを選んでいくことで勝率や入着率を上げることができます。
そのレースやライバル馬は後述します。

勝ちやすいレース

GI

  1. 菊花賞天皇賞(春)
  2. 有馬記念フェブラリーS
  3. スプリンターズS高松宮記念

まず上の6レースは格段に勝ちやすいGIです。
大きく分けて「ライバル関係が手薄」「荒れやすい」「逃げが決まりやすい」「要求される能力が高くない」という要素が絡み合っていて、すべてを満たすのが1の2レースです。
1に挙げた2レースはキタサンブラックさえいなければ単機逃げの状況になりやすい上に、直線に坂がないのでパワー要因であまり止まることがなく、多分リアル競馬でも割と荒れるレースなので人気薄が残り易い仕様になっている気がします。
実際に3000m超のレースで距離が長いって言われる馬でも出しとけば逃げ切ったりするのでとりあえず出られるなら出とけぐらいの気持ちで出すといい結果が出ることがあるでしょう。
2に挙げた2つのレースは「荒れやすい」「逃げが決まりやすい」の2つを満たしているので、これも出て逃げとけば逃げ切ったりがあります。何よりもこの特性があるレースは5着以内に残りやすいので賞金稼ぎにもうってつけです。
3の2つのレースは「要求される能力が高くない」というところに該当していて、スタミナが必要ない短距離のGIとなっています。
昔のダビスタからこの2つのレースはGI初制覇御用達という感じで実力でもぎ取るのが最も楽というレースになっています。
ただ、今作は凶悪なライバル馬である「グランアレグリア」が実装されているので出走してる場合は前詰まりを祈ってください。

G2

ここからは箇条書きのみで解説は割愛しますが、大体上のGIの項であげたどれかには当てはまっているレースです。
日経新春杯阪神大賞典マイラーズC京王杯SCセントウルS京都大賞典富士SスワンS

G3

京都金杯京都牝馬S函館スプリントSプロキオンS函館記念小倉記念関屋記念北九州記念キーンランドC新潟記念京阪杯

記憶ベースで書いてるのでこれ以外にもあったかもしれませんが、まぁ大体見てわかるように坂のないコースで相手関係が手薄になりやすいところが狙い目ということが分かりますね。

強いライバル馬

ゲーム内では登録馬に名前が見えた段階で白旗を上げたくなる馬が存在します。G1はともかくG3等で登録馬にこの辺の馬が見えたら回避するといいでしょう。
これは印や能力よりも「前にいける脚質の馬」「パワーが高くてとまりにくい」「牝馬だから負担重量が軽い」という要素を満たす馬が該当している場合が多いです。
以下、列挙します。

まず勝てない

アドマイヤマーズ、アエロリット、クロコスミア、グランアレグリア、キセキ、キタサンブラックダイワスカーレット

まぁ勝てない

レンブーケドール、ラッキーライラックアパパネ、コントレイル

なんかリアルでGI勝ってないのにわけわかんないけど無駄に強い

ナカヤマナイトタマモベストプレイマイネルラクリママイネイサベル

天皇賞春三銃士(天皇賞でだけ強い)

スティッフェリオ、メイショウテッコン、ビートブラック

案外勝てるライバル馬

名前見たことあるなあって思ってもひよる必要があまりない馬として以下のうまが挙げられます。
もうおわかりでしょうが、前が詰まるので勝負にあまり絡んでこないというだけの話です。

そんなに怯えなくていい有名馬

アーモンドアイ、ジェンティルドンナ、デアリングタクト、リスグラシューブエナビスタ

まとめ

考えを起こしてたらとんでもなく長くなりましたが、このぐらいのことを意識しながらやると多少勝てるようになるのではという記事でした。
もちろん人によって色々考えはあるでしょうけど、現状で僕はこのぐらいの感じでやってるというだけなのでノークレームノーリターンでお願いしますねw
おしまい。

脚質についての考察

どうもことまです。
またダビスタの記事、そうダビスタの記事。

最近レースごとに有利脚質があるのではないかということを薄々思っていて、逃げ一辺倒だと特定のレースはかてないような気がしてる。
具体的に言えば有馬記念は逃げ有利、チャンピオンズCは差し有利みたいなの。
人気薄でのやらかし率が高い脚質というのは確実に存在してて、馬券戦略でも有効な気はしてる。
レースというかコースなのかな、ちょっとまだよくわからないけど。

以下ちょっと感覚ベースのものを箇条書きで書いておくので興味があったら試してみてほしい。

逃げ
差し
展開次第っぽい?

この2レースは片方の展開に寄った入着をしてくる気がしてて、両方とも阪神開催の後半なので馬場状態に何らかの設定があるような気がしてる(全て感覚ベースの仮説)

ちなみに・・・

ハマりやすい有利脚質があるとして「でも差し決まらないんでしょ?」っていうのは前が壁になるのが1番の原因で、これは内側の枠に入った時は当然差しにする選択権がないんだけど、外枠ピンク帽あたりからは壁になりにくく決まりやすいので該当レースで外枠に入ったら狙ってみてもいいと思う。

以上。