読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっとまーくあいてぃー

ITとかゲームとか野球の話。競馬は別ブログあるよ。

【パワプロ2014サクセス】壱流大オールA育成理論

2週間遊んで、ある程度安定して作れる方法を見つけたので書いておく。

もちろんそこそこ運に左右されるので参考までにしてほしい。

この記事の対象読者

パワプロ2014のサクセスでオールAが作れない人。
難易度ノーマルの試合で普通に打つことができる人。

 

登録の際の設定

壱流大学を選択、VSとハート付き。

アピールポイントは走力が初期値高めに出るのでオススメ。

難易度はノーマルでいい。ボールのちょっと下こするだけでパワーEでもホームランが量産できるので安定してポイントを稼ぎやすい。

 

イベントデッキ 

今回のデッキは以下、やってみて思ったのは兎角より雷轟の方が痒い所に手が届く。

木曽井はマスト、あとは特殊能力のほしいものをお好みでいいとおもう。SRキラの矢部くんがいると無二の親友効果でもっと安定する。

全員練習中心だと最後にパワーが不足がちになるのでパワーブーストのキャラをセットすると保険になる。

f:id:kotomalism:20141103053457j:plain

選別

初期値は以下ぐらいが出るといい、それまで選別を繰り返す。

f:id:kotomalism:20141103053231j:plain

 

育成

以下、ポイントを箇条書き。

  • 格コマンドが出てくるまでの2回はコツ>無二発動タッグ>筋力の優先順でいい。壱流大はランクで試合に出られるので監督評価は不要。木曽井はランキングで評価上がるので評価稼ぎ不要。全勝前提なのでスカウトの評価も不要。

  • 格コマンドが出てきたらひたすらに対決を繰り返す。30位まではベース走>打席>肩力の順で優先順位をつけてれば高確率で勝てる。ベース走で勝つと敏捷ポイントが入ってくるので走力を上げる、最初にコツがないときに筋力練習するのはこのため。初期値によるが3,4回勝つとBに届く。

  • 12月2週ぐらいまでに9位になるように進めると、ほぼ確実にクリスマス前に木曽井の告白イベントが起こるので、1つ目の選択肢を上、二つ目を下で選んで彼女にする。クリスマスに間に合うと微妙にポイントが変わるので結構重要。

  • 12月4週は全員練習が0%になる状態で体力が余ってたら全員練習をする。これはクリスマスと正月で体力が回復するのを無駄にしないため。

  • 正月は健康を祈る、体力の最大値が上がるので。1月1週は体力がMAXのハズなので全員練習をする。

  • 2月2週にはバレンタインイベントがあるので、ここも体力が余らないように全員練習をしておく。

  • 2月中に1位になるように進める。難易度ノーマルだと打席対決とかをしくじることはほぼなくて、友沢と猪狩進をパスするのが最大の難関になる。※今回は対決で6回負けた

  • 3月3週の試合前に弾道は3にしておく、パワーはE以上ならOK。試合ではなるべく本塁打を3本うつ、評価が低いせいで下位打線のはずなので4回まわってこないことが多い。

  • 試合終了後の能力アップでDDADDDならほぼオールAに届くので目安にする(今回はEEACDEでもオールAにとどいた。

  • 以降は2人以上タッグがいるときはタッグ練習、それ以外は全員練習、25%超えてるときは休みのサイクルで9月の試合まで進める。精神ポイントが足りなくなるように感じてもあまり精神練習に時間を割かないのが重要。最終戦勝つと250ぐらいはいってくる。※ただし、コツイベントがないときに精神タッグがあったら全員練習よりそっち優先するという策はありだとおもう。

  • 途中で起こるイベントは木曽井のデートのプールで腹筋を選ぶことだけがポイント。

  • 9月1週の時点でCCAABCぐらいまで行ってれば残り全勝でオールAに届く(ゲノム戦前でBBAAABぐらい)。

  • 能力あげるときはノーマルだと弾道3でパワーE以上ならホームラン打つのがわけないので、パワーは後半ないし終了後でいいぐらいの気持ちでおくことが大事。

以上がポイント。

 

完成品 

で、上の理論に忠実にやってできた完成品がこちら。

f:id:kotomalism:20141103060445j:plain

本当にただのオールA。

ゲノム大には勝利、風薙はセンターフライで敗北(サヨナラ男のコツ取得)。

風薙に負けたせいでパワーを10上げるのに筋力があと4足りず、純粋にオールAにはできなかったが保険のマキシマムでブーストしてAに。

代わりにPH取得。

 

終わりに

壱流のオールAチャレンジとか、オールA5人チャレンジとか、まああと銀トロフィーとか、そういったもののために参考になれば幸いです。